iPhoneとアンドロイドはどっちが正解?OSの違いや機種変更時の注意点

iPhoneとアンドロイドはどっちが正解?OSの違いや機種変更時の注意点

「次はiPhoneにしようかな」と検討中のアンドロイドユーザーの人は、一定数いると思います。しかし、ずっとアンドロイドのスマホを使い続けると、つい腰が重くなり機種変更する決心が、なかなかつかないものです。また、それぞれのOSや性能の違いが把握できていないことも、機種変更に踏み切れない理由のひとつだといえます。

そこで今回は、iPhoneの購入や買い替えを検討している人のために、iPhoneとアンドロイドのどちらがよいのか、OSや性能の違いなどを比較しつつ、機種変更をする際の注意点も紹介します。

iPhoneとアンドロイドのOS

iPhoneとAndroidはパソコンのMacとWindowsのように搭載されているOSが異なります。

iPhoneのOSは「iOS」

iPhoneに搭載されているOSはApple製の「iOS」です。iPhoneというハードウェアの機能を最大化させるために開発された専用OSであることから、マニュアルがいらない直感的なUI/UXを実現しています。

しかしその一方で、そのほかのデバイスでは使えない(一部のiPod touchのみ対応)点や、すべてのアプリがApp Store経由でなければインストールできない点など、柔軟性は乏しいといえるでしょう。Appleの一元管理によって、サードパーティーによるカスタマイズを許容しない代わりに、はじめて触ったユーザーでもすぐに利用できるという価値を実現している点が、iOSの大きな特徴です。

アンドロイドのOSは「Android OS」

アンドロイドのスマホに搭載されたOSは、Googleが開発した「Android OS」です。

Android OSはGoogleによってサードパーティーによるカスタマイズが許容されている点が、iOSとの大きな違いといえます。サムスンの「Galaxy」やSONYの「Xperia」は両方ともAndroid OSが搭載されたスマホには違いありませんが、それぞれ独自のカスタマイズがなされたUI/UXを実現している点からも、その柔軟性や拡張性のよさが垣間見えるでしょう。

さらにアンドロイドでは、アプリのダウンロードがGoogle Playストアだけでなく、そのほかのストアやWebサイトから実施できる点も特徴です。

iPhoneとアンドロイドはどっちを選ぶべき?

iPhoneとアンドロイドの機能面を比較し、どちらが自分に合っているか確認してみましょう。

iPhoneのメリット・デメリット

iPhoneを使う最大のメリットは、Appleが提供する直感的でシンプルなUI・UXが実現する高いユーザビリティです。他のApple製品であるiPadやApple Watch、HomePad(スマートスピーカー)なども、同様の方法で操作できるため、はじめての人でも迷うことなく操作できるでしょう。

また、iOSは頻繁にアップデートが行われ、機能面・セキュリティ面ともに日々強化されていることはもちろん、旧世代のiPhoneに対しても長期的に対応しています。さらに、Appleの厳しい審査を通過したアプリのみしかダウンロードできないことから、ウイルスなどの心配が少なく、安心して利用できる点もうれしいところでしょう。

一方、iPhoneのデメリットとして挙げられるのは、端末の価格がアンドロイドよりも高いものが多い点です。最新機種は10万円を超えるモデルが多く、アンドロイドの格安スマホなどに比べると、大きな価格の開きがあります。

アンドロイドのメリット・デメリット

アンドロイドのスマホは各社が比較的自由にカスタマイズできるため、さまざまな選択肢がある点がメリットです。スマホの機能はメーカーごとに異なるため、カメラ機能に特化したスマホやゲーミングスマホといった、一部の機能に特化したモデルも提供されています。

また、ハイエンドで高級なモデルから、格安スマホなど廉価なモデルまであることや、ユーザーがアイコンを自由にカスタマイズしたり、SDカードを挿入して内蔵メモリを簡単に増やしたりできる点も、アンドロイドならではの特徴です。よって、自分好みのこだわりスマホを持ちたいという人には、アンドロイドが最適でしょう。

しかし、自由度が高い一方で、端末ごとにOSのバージョンや利用できる機能に差があります。UI・UXもメーカーごとに異なる部分が多く、同じアンドロイドスマホでも機種変更したときに、使い方がすぐに理解できないこともあるでしょう。

また、Googleの審査を通っていない、いわゆる「野良アプリ」が多い点や、機種によってはOSが最新版にアップデートされないことがあるなど、セキュリティ面についても若干の不安がある点は否定できません。

アンドロイドからiPhoneへ機種変更するときの注意点

アンドロイドからiPhoneへ機種変更するときも、Appleが提供する「Move to iOS」と呼ばれるアプリを活用することで、以下のデータが引継ぎ可能です。

・カメラロール

・カレンダー

・連絡先

・Googleアカウント

・ブックマーク

・メッセージ

ただし、おサイフケータイが使えなくなる点や、アンドロイド限定のアプリが使えなくなる点に関しては注意が必要です。また、キャリアチェンジする場合には、キャリアメールが使えなくなることも忘れないようにしましょう。